| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

しあわせのパンを見て来ました!

 2012-01-31
こんにちは。

ここ数日、とっても冷え込みます。

さて、そんな寒い日に、暖かい空気を持つ映画「しあわせのパン」を早速見に行って参りました!



いい映画でした。

1ストーリーごとに涙しました。

テーマやキーワードはきっと「2人だからできること」とか「分け合う」とか
そういうことだったのでしょう。

映画の中で印象的な台詞がありました。
”年をとるごとにできないことが増えてゆく”と老年の男性が嘆くのです。
結局彼は奥様とパンに救われることになるのですが。

たしかに、ひとにとって ”できないこと” や ”今まで無かったこと” は
すごく衝撃をうけること、良い意味でもつらい意味でもストレスを感じることであると思います。

でも人生はそれの繰り返しなのかもしれませんね。
それを ”新しいこと” と肯定的に受け止められたら元気が出るけれど。

これから先どんなことが起こるのだろう。やりたいと思うことを実現できるのだろうか。
そういう不安にとらわれたときに、2人でいたり、一緒にごはんを食べることができたら
それは救いになるのかもしれません。



見終わってシェフのシンジさんと話したことは、

映画の「水縞くんとりえさん」のような生活をやっていくことは現実的に少し無理がある。
けれど、もしもパンを通じて、映画のように人々の日常に安心やしあわせの瞬間をもたらすことが
できているのであれば、それはちょっと救われるし、嬉しいことだよね。

ということでした。



ちょっと話はそれますが・・・

私たちはよく、「同じ釜の飯」ならぬ「同じ窯のパン」を大事な人たちと一緒に食べたいと思っています。
なので、今年の夏、プライベートでおおきなおおきなひとつの同じ窯のパンを食べる遊びを考えています。

お店でも1日だけみんなでおおきなパンを分け合う日があっても楽しいな♪なんて思ったりもします。
つながるしあわせのようなものを感じられる気がします。


そんなことを考えた「しあわせのパン」でした!



ちなみに、パンを生業としておりますゆえ、我々いろいろと心の中でつっこみました。
生地の吸水は少なめだなとか、カンパーニュあんなにたくさん焼いて大丈夫かな・・とか、
焼きたてのパンを切ったときの湯気の立ち方は違うんだなぁ!とか。
とろりととけたチーズをパンにのせるシーンには、思わず2人感嘆のため息をもらしました


人間泣いたり考えたりつっこんだり、忙しいものですね。
頭がぐるんぐるん回転していた1時間半でした!!

IMG_1451_convert_20120131225157.jpg


カテゴリ :つれづれ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫