| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

今だけ!寒の水

 2012-01-15
こんにちは。
鏡開きやどんど焼きも終わり、街も日常の風景へと変わりつつあります。

さて、今回はお水の話です。
普段全てのパンの仕込みに使用している「森の番人」(三重県大台ケ原の天然水)ですが、
現在期間限定の寒の水で仕込みをしております☆

IMG_4795.jpg

寒の水とは・・・
小寒(1/5ごろ)から大寒(節分)までを寒といいます。
一年でいちばん寒い季節に汲んだ水を寒の水といい、「延命水」とも呼ばれているそうです。

また、寒中は水質が最も良いそうで、なかでも寒に入って9日目に汲んだ
「寒九(かんく)」の水が最高と考えられていたそうです。


9が最高というのは実に日本(東洋)的だなと思います。
陰陽なども1から9までをひとめぐりとすることが多いので、なるほど、寒九か、昔の人は
そいういうことを身体で理解していたんだなあとしみじみ感心したのでした。


延命のお水「寒の水」で仕込んだパンで、みんなが元気に一日一日を過ごせますように!


カテゴリ :食材のあれこれ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫