| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

シュトレンただいま準備中

 2014-11-05
こんにちは。
今年はミュージシャンのクリスマスソングカバーが
たくさんリリースされているという情報を、情報番組で得ました。
世の中が少しハッピーを受け入れるというか、楽しもうとしている流れが
あるのかしら。と思いました。


クリスマス!
クリスマスを待ちわびる間にシュトレンを食べるという楽しみがありますね。

ただいまドライフルーツをスパイスや洋酒で漬け込んでいます!
この香りがするといよいよきたな!とわくわくします。

さらに毎年の楽しみですが、シュトレンを焼いているときの香りといったら最高です。
脳内クリスマスソングです。War is over if you want it です。
皆さんに、匂いを嗅ぎに来ていただきたいくらいです。


さて、毎年漬け込む洋酒は変わるのですが、今年使用したものを一部ご紹介します。


DSC_0472_convert_20141111191857.jpg
バランタイン17年。
こちらは大事に取っておかれたものを
使わせていただきました。


DSC_0474_convert_20141111191936.jpg
パイレートラム。
とてもフルーティーで柔らかなラム。
荒さがまったくありません。
プロが表現すると「焼いたアプリコットを髣髴とさせる味わい」だそうです。
シェフお気に入り&愛用のラムです。
パイレート=パイレーツ=海賊。
カリブの海賊が1800年代にラムを飲む際に使っていた容器をイメージ。
手吹きのガラスだそうです。
(知らなかった。ごめんなさい。もっと大事に扱います。)


DSC_0489_convert_20141111192020.jpg

左がペリカンさんのスタウト。
甘みがあって濃くてまろやかです。
ほんとうに美味しい!
(店頭にある11月のおたよりで語らせていただいています。)

右がストーンさんの年に一度の限定醸造のインペリアルスタウト。
濃い!スパイスのいろんな香りがします。
我々冷やしすぎたのか、ホップにキレがある感じでした。
軽く冷やしたくらいが適温なようで、コーヒーや
チョコレートのような風味が深まるとの事。
これはもう一回飲むべきかしら。


いやいや、全てはシュトレンのため、
今年は上記のメンバーの力を借りて美味しいものをつくります。

販売は12月1日(月)より開始予定です。


また焼き上がりの様子、ご報告いたします!


カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫