| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

2周年のパン!

 2013-07-03
こんにちは。
シェフからのバトンを受け取りまして、あらためて2周年のパンをご紹介いたします!

7月6日(土)、7月7日(日)の2日間登場予定です!

◎その1 《 全粒粉のパン 》
国産の全粒粉と国産のライ麦粉を使用した、滋養たっぷりのパン。
さらにはS.KAGAWAの天然酵母と牛乳でヨーグルト種をつくり発酵させた、変わり種ちゃんです。
全粒粉の食感もよく、噛むほどに味わいを増します。
噛むほどに・・・と噛んでいたら、うっかり無心で口を動かしていたという状況になりかねません。
全粒粉のパンありますか?とのお声もたくさんいただいていたので、
この機会に是非、お試し下さい!
青背のお魚や赤ワインにもよく合います




◎その2 《Pain d'Epices  パンデピス》
パン・ド・エピス。エピス=スパイス。つまりスパイスのパンです!
フランスのディジョン(マスタード!)やランス(シャンパーニュ!)で
伝統的に作られていたパンデピス。
本来はどっしりとしたパウンドケーキのような感じで、たくさんの穀物とスパイスとはちみつで
構成されています。

しかし、今回KAGAWAのパンデピスはお菓子の要素をもつものよりも、せっかくパン屋なので、
パンらしい「スパイスのパン」を焼きます。
しっとりもっちり食べてほしいという構想が生んだ秘かな工夫もなされており、
その結果、断面もかわいらしいですよ♪
はちみつをつけると、と、止まらない!
パテなどお肉系の強いものも受けとめます。
スパイス好きはぜひ!!


◎その3 《 セゾン・アンベルセ (季節あべこべ)》
去年に引き続き、夏のシュトレンです!
柑橘のピールとレーズンを乾燥させたハーブとお酒にあわせてつけ込み、1ヶ月。
それをジャスミンとラベンダーを煮出した水で仕込んだ生地と合わせて焼き上げました。
冬のシュトレンがスパイスなら、夏はハーブです。
試作では去年よりも ”お菓子とも違う、パンとも違う、発酵菓子である” という発酵菓子感が
しっかりしているように思います。
今年のセゾンアンベルセ、より美味しくなる予感です。



どのパンも数量限定となっております。
なお、通常通りのパンも焼きますので、作業工程上、全粒粉のパンとパンデピスはお昼前
の焼き上がりになる予定です。あらかじめご了承下さいませ。
なお、セゾンアンベルセは朝から待機しております!

周年のパン、楽しんでいただけると幸いです!
お待ちしております♪



カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫