| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

旅立ちの春

 2013-03-27
こんにちは。
桜のつぼみもほころび始めました。
S.KAGAWAの芝生も伸び始めました。


さて、今回は販売スタッフが4月1日をもってKAGAWAを去りますので、お知らせいたします。
小さな身体にキラキラした目の「あいこ」です。

オープン直後から一緒に頑張ってきてくれました。
私たちの想いを肌で感じてきたあいこです。
春から自分の目指す道へとずんずん踏み込んでゆく予定です。

あいこちゃん、お別れの挨拶をどうぞ!


************************************


Boulanger S.KAGAWAで勤めて1年と8ヶ月、
このたび、私、坂本愛子はお店を辞めさせていただくことになりました。

S.KAGAWAで働くことは私にとって新しい発見、新鮮な驚きでいっぱいでした。

お店にお越しいただいたお客様から「ここのパンは本当に美味しいわ」と
言っていただいたり、「朝食は和食だったけれどもパンになったよ」って教えていただいたり、
そのようなことを耳にすると本当に嬉しく思いました。

【美味しいものを食べると人は幸せになる】
お客様の笑顔を見ていつもそう感じていました。
そして、その笑顔で私は元気をいただいておりました。
どうか、これからも皆様の幸せな食卓に美味しいS.KAGAWAのパンたちが並びますように。

ありがとうございました。

                              坂本 愛子


***************************************


悩み悩み書いてくれました。
いろんなことが思い出されたようで、「鉄板ひっくり返したな」とか「こんなことしてしまったな」
ということまで思い出して反省してました(笑)


彼女と楽しくお話してくださるお客様がたくさんいらっしゃるので、
突然いなくなるのは失礼だからと、退職することをお伝えできるタイミングがあれば
彼女からお客様へご挨拶しているようです。

お伝えした後日に、職場の同僚の方を連れてまた彼女にお別れを言いに来てくださるお客様も
いらっしゃったり、ほんとうにかわいがっていただいてるなぁとありがたく思います。


「食事は楽しむものだ」と認識できる経験が幼い頃から少なかった彼女。
スタッフみんなでご飯を食べるときのみんなのこだわり様や、
このパンはこうやってたべるとうまいという話。
そういうのを見聞きして、あいこ本人は大げさに驚きはしませんが、大きな目を見開いて心の中では
「えっ…!そうだったの…!?」「そうなんや!!!!!」みたいな学びをしていたのだろうと思います。


フランスでみんなで暮らして、「食事を楽しむ」ってこういうことなんだと分かった!と
言ってくれたのは印象的でした。

彼女が選ぶパンもどんどん変化し、今やみんなでチーズを食べるのでバゲットを・・とか、
帰る道々でスーヴニールを食べきってしまった、とか、渋いセレクトになっています。

素直で働き者で、シェフ曰く「ファンタジスタ」なあいこ。
よい旅立ちになりますように!!!


あいこ下のカフェで_convert_20130327100308

カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫