| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

Bonjour! Paris!! 2日目

 2012-11-08
ボンジュー!今日のパリはパリらしい曇天です。
本日は18区、モンマルトル区域を中心にまわりました。
昔ながらの古い街並で、落ち着いた雰囲気です。

18区はパン激戦区で、バゲットコンクールの優勝店が4店もあります。

そんな激戦区で今注目はゴントランさんのお店です。
せっせと歩いて行ったものの、なんとお休みでした
ゴントランさんは32歳?あまりうちのシェフと年齢的に変わらないスターシェフです。
ぜひともその働きっぷりとどういう考えをしてらっしゃるのか拝見したかったのですが、
また次回におあずけのようです。

という訳で、その他の今日の様子をちらり。

お昼はサンドにしましょう。
IMG_1795_convert_20121108060059.jpg

メレンゲ菓子。こんなに大きくて食べられるのかしら。というのがフランスですね。
IMG_1797_convert_20121108060200.jpg


美味しそうにたべますねー!!
IMG_1803_convert_20121108071441.jpg

いろんなバゲット
IMG_1801_convert_20121108060616.jpg


大御所
IMG_1789_convert_20121108055832.jpg

IMG_1787_convert_20121108055709.jpg

IMG_1785_convert_20121108055532.jpg

IMG_1790_convert_20121108055943_20121108073603.jpg


もちろんどれも美味しいのですが、
何が美味しいかとかなぜ美味しいかということを考えるのではなく、
パンの持つ勢いとか、自分の思考の方向性を確かめるためにいろいろと食べるという感じです。
どんどん感情のひだをふやすというか。
シェフの表現の仕方を感じるというか。

感情と言えば話は変わりますが、現在の日本のレストランやビストロ事情はすこぶる発展しており、
とっても美味しい料理がいただけます。
今日の夜は新鮮な感情を抱いたディナーでした。

向かったのは150年続くという老舗の庶民派ビストロ。
壁には鏡がかかり、テーブルには赤いギンガムチェックのクロス、フランスの家庭料理!!という雰囲気。
どんどんどんどんお客さんが入ってきます。

カボチャのスープに
鴨のコンフィ。
ブッフブルギニョンに
牛のカルパッチョ。
…それ以上でも以下でもない、でもこんなにストレートな感じ、久しぶりでした。
こういうふうに食べさせたいとか、こういう料理を目指しているとか
そういうものを感じることが多かった日本ですが、ここはそれ以上でも以下でもない、これ。でした。

えいっ
IMG_1824_convert_20121108074917.jpg

えいやっ
IMG_1825_convert_20121108075029.jpg

どーん!タルトタタン!
IMG_1827_convert_20121108075137.jpg


あぁ、こういうフランスも健在で刺激的でした!
楽しかった!!



カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫