| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

シュトレン販売開始いたしました!

 2012-11-27
こんにちは。
朝の風景が白んできて、ああ、冬だな。
さらに静かだと、ああ、お正月みたい。と思ってしまいます。

それは早い早い、待たれよ、ノエルの話じゃ。


先週より、シュトレンが店頭に登場しています

IMG_1969_convert_20121127094034.jpg

ブランジュリのシュトレンらしい仕上がりです!
生地もおいしく召し上がっていただけて、スパイスもしっかりと香ります。

パティスリーのシュトレンのように甘く華やかで洋酒の香りが・・・
というのとは少し違う、どこか無骨で素朴だけれどどこか愛らしい、
スタッフ曰く「うち(S.KAGAWA)っぽいシュトレン」です!

キリストのおくるみ役の表面のお砂糖は今年も茶色い”ほんわか糖”。あらま〜

なんだか力が抜けますが、このほんわか糖、とてもコクのある風味をもっています。
シェフが腕の筋肉を総動員してひたすらにふるいで振りかけ、たっぷりとまとわせましたので、
ほんわか糖の食感も生地との相性も、きっと楽しんでいただけると思います!


そしてシュトレンにひっついている赤い木は「薪(まき)」をイメージしたものです。

IMG_1968_convert_20121127094122.jpg

暖炉に煮炊きに、江戸時代の薪水給与令(どうしても思い出してしまうワードです 笑)・・・
薪は大昔から生活の必需品ですから。
大事なもの、欠かせないものを贈るイメージで。


この時期だけのシュトレン、あたたかい部屋で、あたたかい飲み物を用意する。
毎日少しずつシュトレンをスライスして、一日の終わりにゆっくりとした時間を過ごす。
最高ですねぇ!

もう一切れ食べるか否かの葛藤がなければなお美しいのですが、
その葛藤もご愛嬌ということにいたしましょう。

店頭にてシュトレン共々お待ちしております♪


IMG_1967_convert_20121127094157.jpg

カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Abientot! Paris!

 2012-11-13
こんばんは。
本日フランスより帰ってまいりました!

お休み期間中、お電話いただいたり、ご来店いただいたりしたとのこと、ちらほらと耳に入っております。
大変ご迷惑をおかけいたしました。ありがとうございます。

なんと、お店の電話の留守電ボタンを押さずに出てきてしまったようで、
お電話いただいた皆様にはただただコールが鳴り続けるというご迷惑をおかけいたしました。
次の機会にはは確認します申し訳ございませんでした!



さてさて、パリブログでちらほら登場していた秘密のミッションが何だったか気になるところです。
毎晩天然酵母を種つぎして、酵母を育てておりました。
いよいよ最終日、パンを焼きましょう!
1次発酵、2次発酵・・
夜を徹して行われたパン作り。

じゃじゃーん!

IMG_1966_convert_20121113221454.jpg


失敗


アパルトマンにあったオーブンと全く仲良くなれなかったようです。
温度がある程度まで上がったら、運転を止めるタイプのオーブンで、すぐにふぁん・・・と
止まってしまうとのこと。シェフの孤独な戦いの惨劇が朝のテーブルに。。。
次はもっとうまくやれると思います。

Abientot! Paris!(また逢いましょう!)

今日、明日と仕込みをして、木曜日からまたS.KAGAWA営業再開です!
皆様にお会いできるのをスタッフ一同、パンとともに楽しみにお待ちしております!
よろしくお願いいたします!




カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Bonjour! Paris!! 6日目

 2012-11-12
ボンジュー!
いよいよ今日が最後の1日です。

一度振られたゴントランシェリエさん、行ってまいりました!
地元の人たちにも人気で、店内は列ができています。
サンドもお昼にかけてどんどん出来上がってきます。
長ーい通路の途中途中、店員さんがパンを入れる紙袋が複数箇所にあり、
注文を受ける都度入れられて便利だな〜なんて見ていました

IMG_1949_convert_20121112065756.jpg

IMG_1948_convert_20121112065910.jpg

もっと突拍子もないパンがたくさんかと思っていましたが、
シンプルなことはシンプルに、スターシェフはやさしさのあるパンを焼いておられました。

その他も斬新なパティスリー、パンドシュークルさんやアパルトマンのご近所、サダハルアオキさんなどにもお邪魔しました。晩ご飯にと何気なく買ったものがとっても美味しくて、ヒントをいただいたり、再確認したり。

うちのスタッフたちはフリーの1日でしたので、最後のパリを楽しみ尽くしてきたようです!
現在必死の荷物パッキング中。
またお店でお話聞いてみてくださいませ!

シェフはもうひと仕事のこっている様子。
何かな何かな〜。
それでは明日、パリを発ちます!

Merci Au revoir!

IMG_1947_convert_20121112070202.jpg




カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

bonjour! Paris!! 5日目

 2012-11-11
ボンジュー!
今日は土曜日、土日は開いているお店も少ないので、パティスリーを2つ。

ひとつはカールマルレッティさん。
美しい店内です。
今回のお勉強のひとつ、ずーっとシェフが作りたいと言っているピュイダムールと、
土曜日だけしか出ないフランがお目当てです。

ババオラム。今流行のスポイトがささってますね。
IMG_1926_convert_20121111143513.jpg


IMG_1925_convert_20121111143758.jpg



お次はそのババオラムとピュイダムール発祥のお店、ストレーさん。1730年創業です。トレビアン!

IMG_1937_convert_20121111144046.jpg


大きなブリオッシュアテット&ムスリーヌ
IMG_1936_convert_20121111143919.jpg

シャルキュトリーもお惣菜も
IMG_1938_convert_20121111144156.jpg

他にはショコラからワインから何から何までございます。
とてもフランス!を感じるお店です。
いいなぁ。
ちょっとずつそういう要素が増えればまた楽しいなぁ。
勉強になりました。


お昼はシェフおすすめのクスクスやさんへ。
お店は満員!とてもエネルギッシュな空間でした。

IMG_1940_convert_20121111144434.jpg

そのエネルギーを受けてか、みんなももりもり食べています。
クスクスは飲む!みたいな勢いです(笑)
IMG_1943_convert_20121111144638.jpg


ちなみに夜は懲りずにトマトソースのパスタを作りました。
スタッフの得意料理、スクランブルエッグつき!
セップダケとマッシュルームのソテー!
3日目でもおいしいバゲット!
普通に買えるのにおいしいバター!

うちごはん、最高ですね。
ありがとうございました!

カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Bonjour! Paris!! 4日目

 2012-11-10
ボンジュー。サヴァ?
TEAM KAGAWA、昨日の決死のノルマンディーツアーにより、
今日はゆっくりのスタートです。

今日はなんとなんと、3つ星レストラン”ランブロワジー”にお昼を食べに行きましたー!
一流とはなにかのお勉強です。

今回ランブロワジーを選んだのは、大好きな斉須政雄シェフの修業時代のお店だからです。
寝る間もない、理不尽なことも多い下積み時代を経て、少しずつステップアップし、ランブロワジーをもう一人のパコォシェフと共に星つきのレストランまで成長させた斉須シェフ。
崖っぷちで踏ん張ってこられた胆力と素朴で少年のようで正直なところがいいのです。S.KAGAWAをオープンさせる前に斉須シェフのお店に食事をしに行き、彼からいただいた言葉は・・・

◆夢は全力の向こう側◆

身が引き締まる思いでした。


そんな斉須シェフが基礎をつくりあげたランブロワジー。
テレビドラマ「王様のレストラン」では山口智子演じる女性シェフが毎日食べに通っていただけなのに働いていたと偽るランブロワジー。(あのドラマ大好きなのです♫)

四苦八苦してメニューを解読し(主にうちのシェフが)、何度もギャルソンにこれなんだっけと聞き、汗をかきかき注文を済ませます。料理はシンプルながら丁寧な、伝統的なフレンチでした。

IMG_1902_convert_20121110071219.jpg

IMG_1916_convert_20121110071329.jpg


華やかな部屋にシンプルなコーディネートが素敵です!!
IMG_1899_convert_20121110071423.jpg


えーーー!!!みたいなことも起こり。(笑)
IMG_1906_convert_20121110155743.jpg
シンクロナイズドスイミングみたいです。
なんせお値段も跳ね上がるので(もともと2人分)、シェアしたうちのスタッフは「頑張って働きます」と
何回聞いたかな?何回も言っておりました(笑)。
とても丁寧な火入れでした。

みんなで行くといろんな種類の料理を見られて、わいわい食べられて楽しいですね!
いくつかの星つきレストランを体験させていただいて、今の我々の段階では一段落です。
次のステージで期が熟したときにまたお世話になりたいねと話したことでした^^
メルシーボクー!


もうひとつのメインは…
シャルキュトリー(ハムやパテ、テリーヌ、サラミなどの加工お肉やさん)のジルベロさんです!

IMG_1923_convert_20121110071527.jpg

18時半ごろでしたので、お客さんはひっきりなし。親切な販売のスタッフが注文を受けてくれます。
ハムに豚の血のソーセージ、豚の煮こごりのテリーヌ、その他にんじんのサラダに、キッシュなどを購入。
その他もタルトやフィナンシェなどのお菓子、お惣菜、コンフィチュールがあり、ここにくれば何でも揃うではないか!という品揃えでした。バゲットを片手にくるお客さんも多かったです!

内蔵系の味や、臭いチーズなどを美味しく食べられるうちのスタッフたち(ぜったいみんな酒飲みや。まだ開花してないだけや。)はシェフにいろいろと質問しながら、マスタード入れたら美味しいで!など美味しさを追求していました。この美味しさに貪欲というか、ベストをつくそうとする姿勢がとてもいいなあと思います。

この日もお昼でおなかがいっぱいだったので、夜はあまりいらないけれど、自然と食卓に集まり、飲み物片手にちょっとつまみながら今日のお買い物の話やあれこれを話す。(それはそれは面白いですよ!)

日本国民の(壮大すぎるか?)毎日の食事が楽しく優しいものになればとやはり思うのでした。





カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫