| home | about | map | news | つれづれ | 食材のあれこれ | お店ができるまで | link |

シュトレン、販売開始いたします。

 2011-11-30
こんにちは。

10月から仕込みを始めたシュトレンが、ついに完成いたしました!!
これ実は・・・とっても美味しいです。



IMG_1395_convert_20111129235422.jpg


キーワードは【ぬくもり・いたわり】です。

全国発送される「贈り物」のようにキラキラと華やかなシュトレンではありません。

毎日の食後のデセール(デザート)に、わくわくしながらそぉっとシュトレンをスライスし、
おいしい飲み物を用意して、家族や恋人と一緒に、はたまた、1日頑張った自分をいたわりながら
「おいしいねぇ」といただく。そういうイメージです。ああ幸せ。






普通は白いお砂糖にくるまれたシュトレンですが、KAGAWAシュトレンは茶色です。


そのわけは・・・
そもそも、シュトレンはとは、生まれたばかりのイエス・キリストが毛布にくるまれた姿を
表したものと言われています。

ある日、店主カガワシンジは言いました。
あの時代の毛布が白いはずが無い」


このような経緯があり、茶色いお砂糖にくるまれております。
なんて、それだけの理由であれば、ただのへりくつ(?)ですが、
S.KAGAWAは基本的にパンにも精製された白いお砂糖を使用していないというのが、
シュトレンが茶色い大きな理由です。


精製したお砂糖は人工的に手が加えられすぎて、心とからだのバランスを崩しやすい気がします。
せっかくノエル(クリスマス)を楽しみに食べるのに、イライラした気持ちになるのは嫌ですからね。

そういった難しいこと抜きにしても、さとうきびの原料糖のままのこの砂糖、さらさらした食感も上品で、
味もとってもおいしいのです。やさしい甘さで、どの年代の方でも楽しんでいただけると思います。

日持ちするように、そして、アレルギーの方や小さなお子様でも召し上がっていただけるよう、卵不使用です。



以上、お伝えしたいことはたくさんありますが、
【ぬくもり・いたわり】のシュトレン、12月1日より店頭に登場いたします!

結局シュトレンって何やねん!という方も、シュトレン好きの方も、
ぜひ店頭にてご覧下さい!
シュトレン共々お待ちしております!



*おまけ*

成形後、窯に入る前のシュトレン。
ドライフルーツとアーモンドがごろごろです。

IMG_1394_convert_20111129234717.jpg


ああ幸せ。







カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ねこのパンヤ

 2011-11-22
「ねこのパンヤ」という絵本があります。
パン屋を営む、ネコの”パンヤ”のおはなしです。
随所にこだわりのある本で、ほほえましいのでご紹介いたします。







?????????_convert_20111122114525




パンヤは朝から仕込み、分割、成形、発酵、窯入れ、窯出し、パン出し
と一連の作業を1人で行います。
その様子も見開き3ページにわたり描かれます。
汗をかいたり疲れたりする姿も少しみられますが、パンヤはほぼ平常心、淡々と作業を進めます。




panya005_convert_20111122120223.jpg








クルマリの森の住民も続々登場。(一部をご紹介いたします↓)


panya003_convert_20111122115903.jpg


チョコレートではなく「ショコラ」、ジャムにあう「プレーンなパン」を好むお客さん。
作者のパン好きがうかがえます。








話は変わり、森のみんなが1品もちよりでお茶会をひらきます。
そうとなるとみんな本気です。まず、食材の収穫から始めるのです。
クルマリの森は職人気質の住人が多いようです。




住民の一人、ねずみのドイルさん。彼は学者さんのようなのですが、
コレクションのチーズのことになると喋り方も変わります。

「ほほ~、お茶会ですか。」なんて言ってたのに、
「これはひみつのとびら・・・」「ぼくのチーズコレクション!」と子どものようです。


見よ!このチーズのセレクトを!


panya1004_convert_20111122115922.jpg



ぜったいに美味しい!







そんな細かいところまでくいしんぼうな絵本、「ねこのパンヤ」
(絵と文 おかだなおこ 小学館 2008年)
お店のテーブルに置いてますので、ご覧下さい!


そして・・・
お客様のご好意で戴いたスキャナのおかげで、こうしてパンヤを紹介することができました!
感謝いたします!




カテゴリ :つれづれ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

第2回プチ・マルシェ開催いたします!

 2011-11-21
こんにちは。日ごとに寒くなってまいりました。
お客様も、「さむ~!」といいながら入って来られる姿がしばしばみかけられます。
寒い中お越しいただき、ありがとうございます!


さて、12月のイベントのお知らせです!
第2回プチ・マルシェを開催いたします!

マルシェ表紙




日にち 12月10日(土)
時 間 14:30~18:00
会 場 *leCours*
    〒541-0042
    大阪市中央区今橋2丁目1-1新井ビル 3-9号室
    e-mail : info@le-cours.jp
    tel: 06-6202-7145


参加者は前回と同じメンバーです。
ノエルにちなんだ商品をそれぞれ揃える予定です!

    *leCours* (ガラクタ市)
    Le fruit de l'aurore (コンフィチュール)
    perlina(アクセサリー)
    Boulanger S.KAGAWA(フランスパン)
    S.KAGAWAでは、ノエルということでちいさなシュトレンを持ってゆこうかな~。
    など、考え中です!





詳細はこちら↓↓

マルシェ中身




マルシェ地図


少し見づらいですが・・・
お菓子のGOKANさんが1Fにあるビルです!
マルシェの部屋までは階段をたくさん登りますので、心の準備をしてお越し下さい!


カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

オリーブの実が成りました。

 2011-11-17
こんにちは。

8月の終わり頃から緑色の実をつけはじめたオリーブの木。
約3か月という期間を経て、立派に一人前になりました!



この実が
IMG_1286_convert_20111117003403.jpg




今やこんなに!
立派です!ありがとう!
IMG_1352_convert_20111117003427.jpg





いよいよ自家製オリーブで「オリーブとアンチョビのフォカッチャ」が作れる日がやってくるかもしれません!!
(無い無いとつっこまれましたが・・・)

IMG_1284_convert_20111117003506.jpg


夢は大きく!ですね。




カテゴリ :つれづれ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

タルトタタン進化中

 2011-11-17
こんにちは。

S.KAGAWA 最近タルトの話題が多いです。
何を隠そう、いえ、隠しません。店主カガワシンジはタルトづくりが好きなのです。

フランスのブーランジェには、焼き菓子が必ずおいてあります。
パティスリーのケーキが特別な日のものであるとすれば、ブーランジェの焼き菓子やタルト、マカロンは
駄菓子のような感覚で気軽に食べてもらうものと言えるのではないでしょうか。

そんなフランスのような楽しみもお客様に感じていただきたいと思っています!!

先日から何度か店頭にお目見えしているタルトタタンですが、
これぞという製法が固まってきました!

一晩あたたかい窯の中に入れて余熱でじんわり火を通しますと・・・
翌朝には・・・

IMG_1371_convert_20111117000625.jpg

トレビアン!!!

きらきらさせて皆様のご来店をお待ちしております。




カテゴリ :news トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫